ボッシュドッグフードとは

何故、安心・安全なドッグフードが選ばれるのでしょうか?

何故、安心・安全なドッグフードが選ばれるのでしょうか?

近年、わんちゃんを飼うということについて「犬という動物を人間が飼う」というような考え方から「家族の一員として犬を迎え、生活していく」という考えが一般的となり、生活環境も外飼いから室内飼いが増えるなど人間との距離がとても近くなりました。
わたしも愛犬たちを家族として迎え、日々生活している飼い主のひとりです。
それに合わせ、わんちゃんの健康管理、体調管理についても目が行き届くようになり、健康の源である食事についても人間が口に入れる食事について考えるのと同じように、素材や製造、化学薬品、添加物などを含まないなどきちんとした根拠を持つ、良質なドッグフードを与え摂取することで健康の基板を作り維持していくという考え方が広まってきました。
動物愛護の先進国であるドイツボッシュ社は50年以上の歴史を持ち、
飼い主様に安心していただく、わんちゃんに安全に食べていただく
信念を持ったドッグフードを製造しております。
ナチュラルドッグフードショップベレンではこの信念を持った
ドッグフードであるボッシュドッグフードを10年以上に渡り
専門的に販売し、わたしたちの家族である愛犬はもちろん、
たくさんのわんちゃんに食べていただいております。
何故、ボッシュフードは皆さまに永く愛され
選ばれているのでしょうか。

ボッシュドッグフードは

ボッシュフード自社工場について

ボッシュドッグフードは国際認証を取得した自社工場で生産しております。
・ISO 9001:2000.DIN EN ISO 9001 国際標準化機構、環境専門家協会認証取得
・HACCP食品危害分析重要管理監視認証取得
・IFSインターナショナルスタンダード認証取得

原材料を由来段階からしっかり管理し加工できるのは自社工場で生産しているフードだからです。
ボッシュドッグフードは自社の製造工場ではなく、原材料加工会社で粉末加工され、それを購入し、原材料としているドッグフードではありません!

ボッシュフードの原材料について

原材料のお肉について

管理の行き届くボッシュ社独占農場で安全な餌を食べ、健康的に大切に育てられた安全な肉のみ使用。
人間が食べられるレベルであることは当然のこと、
それだけにとどまらず、肉の由来段階までさかのぼり
安全性にこだわっています。

副産物やあいまいな表示の肉、人間用不適部位などで作られた肉・病死肉・BSE肉・屠殺肉や飼育段階で抗生物質・ホルモン剤などを使用した肉・腐敗防止などのために化学薬品を使用した加工肉等は一切不使用。

ライン

原材料の穀物・野菜について

ボッシュ社独占契約農家で栽培され、ドイツ農林省シュトウットガルト行政委員会(無農薬・有機栽培であることを認証している
機関)の認証を受けた穀物のみ使用。

人間用に不適だった物、不要部分を加工した穀物、あいまいな表示の加工穀物末粉、フード生産前段階で加工・保管してあった腐敗防止加工を施した恐れのある物や大豆蛋白質、遺伝子組換作物など一切不使用。

ライン

フードに含まれる塩分について

塩分は元来肉や野菜、魚などにも含まれる栄養素で、身体が日々代謝していくうえで絶対的に必要な栄養素です。
ボッシュフードは原材料に含まれる塩分を、わんちゃんが必要なベストバランスで摂取できるよう作られております。

ポイント

塩分は身体にとってとても大切な栄養のひとつですが、過剰に摂取すると直接的に腎臓の働きを阻害したり心臓や肝臓に負担を掛けることにつながることもあります。
わんちゃんが食べるもので、飼い主様が口に含んだ際、明らかに塩味を感じるようであれば(味付けされている、保存のために化学合成した塩分が添加されているなど)、わんちゃんにとって塩分の過剰摂取の可能性もありますので注意が必要です。

ライン

嗜好促進剤・誘惑物質について

ボッシュフードは、由来の段階にまでさかのぼり、安全な生産に徹底的にこだわった良質な原材料を使用しているので、原材料の味や香りがとても高く、おいしいフードです。

ライン
化学薬品・合成添加物・合成着色料などなど愛犬の健康を害する恐れのある原材料は由来段階・製造段階などすべてにおいて一切使用していません。

ライン

栄養素添加について

犬種・年齢・健康状態を考え抜いたドッグフードです。
栄養吸収バランスを最適にするために化学合成した栄養素強化成分を使わず、原材料そのものから栄養を摂取できるよう、バランスよく作られています。

ライン

ボッシュ社製品の鮮度保持について

ボッシュフードは天然成分(天然抽出α-トコフェロールなど)で酸化防止をしています。
さらにその効果を高めるため、ガス充填・空気透過率ゼロのアルミパック包装で確実に鮮度保持しています。

ライン

輸送・店舗での保管について

ボッシュフードはドイツのボッシュ社工場から保冷コンテナ輸送にて輸入されております。
当店におきましてもきちんと製品鮮度を保持するため、製品を20度以下で定温管理することを徹底しております。

ボッシュフードをご利用頂くにあたりご留意いただきたいこと

大切なフードの保管について

ナチュラルドッグフードベレンでは、ドッグフードおよびキャットフード、スナック類等、7台のエアーコンディショナー&エアーコンプレッサーを使用し、すべて20度以下の定温で大切に管理しております。
(万が一の電気系トラブルに備え、発電機も常備しております)
ドッグフードやキャットフード、スナック類の賞味期限につきましては、20度以下の定温で管理している状態での賞味期限となりますので、鮮度の維持はもちろんのこと、わんちゃん、ねこちゃんに安心しておいしく食べていただくため、開封・未開封に関わらずお客様のお手元に届いてからは以下の通り、フードの保管をお願いいたします。
ボッシュドッグフードおよびザナベレキャットフードは天然のトコフェロールで酸化防止をし、ドイツで完全製品として生産後、保冷コンテナ輸送、保管されています。
日本でそれぞれのサイズに小分けにするリパックは酸素に触れ、鮮度保持の点で最善ではないため行っておりません。(一部パック・サンプルは除く)
またボッシュフードは酸素・紫外線・湿気などからフードを守るのに最も適している空気透過率ゼロのアルミ袋を使用しております。
アルミ袋はフードの鮮度保持には最も適しておりますが、接着面などの強度が一般的なプラスチック・ビニールの袋に比べ弱いため、日本到着時に破損がないか確実にチェックをしていることと合わせ、万が一お客様のお手元に届くまでにアルミ袋に破損が生じた場合でもフードが酸素に触れ品質が変わることのないよう、完全製品としてドイツから運ばれたフードのアルミ袋の上から日本でレトルト食品などに使うガスバリアパックで二重に包装しております。(※一部商品除く)

ボッシュフードの保存について
未開封のフード
開封前のドッグフード、キャットフード、スナック類は高温多湿の場所や温度変化の大きい場所を避けて保管してください。
ボッシュフードの賞味期限は定温で管理している状態での賞味期限です。
お客様のお手元に届いてからは未開封の状態であっても、お家の中のなるべく涼しく、温度変化の少ないところに保管していただき、2-3ヶ月位のうちに食べ始めていただくことをお願いいたします。
(食べ始めるまでの期間は季節や保管状況などによっても異なりますが、夏場は早めに食べ始めていただくことをおすすめいたします)
未開封の状態でそのまま冷蔵庫に保管していただければ賞味期限まで食べていただくことが可能です。
開封後のフード
開封後のドッグフードやキャットフードは、1週間-10日程度で食べきる分に関しては、きちんと密閉できる容器に入れ、お家の中のできるだけ涼しく温度変化の少ないところで保管していただき、(気温や湿度の高い時期は常温で保管する量に注意してください)それ以降に食べる分に関しては、密閉できる容器や袋に小分けにしていただき、冷蔵庫で保管し、2ヶ月程度で食べきっていただくことをおすすめいたします。
また、冷蔵庫に保管していただいたフードに関しては、冷たい状態のまま袋を開閉してしまうと湿気を吸いやすくなってしまいますので、例えば1週間分程度で食べる分を一度冷蔵庫から出していただいてお家の中の涼しいところで常温に戻していただき、その常温保存したものを開閉して食べていただくとベストです。
常温に戻さないまま食べていただく場合は、大きな容器や袋にたくさんの量を一度に保管するのではなく、小さな容器や袋をご使用いただき、フードを何食か程度ずつ細かく小分けにし、容器や袋を何度も開け閉めしないような状態にしていただく方法をおすすめいたします。

大切なフードのお届けについて

通常、当店からお客様への商品発送はクール便ではなく普通便となります。
商品の配送をお願いしている運送会社には高温・高湿になる所での保管を避けていただくよう、強くお願いしております。
ナチュラルドッグフードベレンでは、ドッグフードおよびキャットフード、スナック類等、7台のエアーコンディショナー&エアーコンプレッサーを使用し、すべて20度以下の定温で大切に管理しており、配送時の商品梱包については空気タイプの緩衝材を使うことで箱外の温度の影響をなるべく避けられるよう、対処しております。
気温や温度の高い時期(原則的に5月-11月)に限り、ご希望というお客様につきましてはクール便での発送もお受けしています。
※クール便での発送につきましては以下の条件がございますのでご注意ください。
●クール便ご希望の場合、別途クール便料金の一部162円のご負担をお願い致します。
●商品到着後、未開封であっても冷蔵庫での保管をお願いいたします。
(開封してフードを密閉できる容器や袋に小分けにし、冷蔵庫で保管していただくか、未開封の状態でそのまま冷蔵庫に保管してください)
これは、クール便(冷蔵)が2度-8度の状態で運ばれるため、商品到着後いきなり常温で保管してしまうと商品の外側だけでなくドッグフードに含まれる水分が袋の内側に水滴として出てしまい、鮮度保持の点で問題が出てしまうことがあるためです。
●クール便の当日発送受付は営業日午後12時までとなります。
●配送は佐川急便のみとなります。
時間帯指定「20時-21時」はご指定いただくことができません。
●クール便での発送をご希望の場合、通信欄に「クール便希望」とご記入ください。
特例を除き、原則的にクール便発送の条件をきちんとお読みいただき、ご同意いただいた上で、クール便をご希望いただいた場合のみクール便での発送とさせていただきます。
ご希望がない場合、クール便での発送はできません。

違う種類の粒が入ることがあります

ボッシュフードの生産にあたっては、でるだけ鮮度の良いものをお届けさせていただくために、一度にたくさんのフードを生産し保管しておくのではなく、コストや手間は掛かるものの、フードの鮮度をより良い状態で保つため、受注に合わせた数を生産する「多品種小ロット生産」を行なっております。
そのため、1日の生産作業中で同一のラインを使用し、同系統原料・数種類のフードを生産しております。
生産ラインはほこりなどが入らないよう完全に密閉されており、一種類のフードを生産した後、次のフードを生産する際には前に作ったフードが生産ラインの中に残らないよう、必ず自動の機械などが清掃作業を行うことや、切替時製造始めのフードは商品として使用しない方法をとっておりますが、1日の作業終了時に行う清掃と異なり、機械の分解作業ができないため、生産ラインの中に直前に残ったフードが残ってしまうことがあり、その粒が混入してしまうことがございます。 同系統原料のボッシュフードであることや同じ日に作られたボッシュフードであることから、わんちゃんやねこちゃんが口にしてしまうことは問題ありませんが、本来混入しないこと自体が必要であり、その点におきましてはボッシュ社に鮮度や安全性はきちんと維持しながら、より良い生産方法を確立するよう、強く要請しております。
もしフードに違う種類のフードの粒が入っていた場合は取り除いていただくか、たくさん混入しているような事態が見られた場合にはボッシュ社へ報告をさせていただきますのでご連絡いただけると幸いです。

ごくごく稀に虫が発生することがございます。

フードの製造段階だけにとどまらず、原材料の由来段階にまでさかのぼり、虫を殺したり虫の発生を抑える化学薬品や合成添加物などを全く使用しない場合、フードにつく虫などの発生を抑えることは大変困難なことであり、100%完全に虫の発生を抑えることはできません。
虫などの発生を抑えるためには、化学薬品や合成添加物、防虫剤などを使用する方法が確実性・経済性・効率性に優れ、メーカーにとっては非常に都合の良い方法です。
しかし…この方法は本来虫の発生などでメーカー側が負うべきリスクを、フードを食べるわんちゃんやねこちゃんに負わせてしまうものだと当店では考えております。
そのため、ボッシュ社には今後も虫の発生などのリスクやわんちゃん、ねこちゃんに負わせてしまうことになる化学薬品や合成添加物、防虫剤などを一切使用せず、厳格で厳密な生産方法や製造・輸送・保管を確実に実施することで、わんちゃんやねこちゃんの健康に十分配慮した安全な防虫・防カビ・腐敗・酸化などの対策を行っていくよう、常日頃から要請しております。
またボッシュ社におきましてもわんちゃんやねこちゃんにリスクを負わせてしまうことなくフードを生産していくという考え方を変えず、厳格で厳密な生産を実施していく旨の全社的ポリシーを掲げています。

ボッシュ社では安心して食べていただけるフードを生産するために様々な方法を実践しています

  • フード生産段階においては衛生状態を考慮し、工場内の機械が人間の手に触れることや外部から無視や落下物・侵入物が入ることのないよう、密閉された生産ラインでフードを製造しています。
  • 衛生面に十分配慮した清潔な生産環境の整備に努めています。
  • 鮮度・安全面などベストな状態のフードをお届けできるよう、一度に大量のフードを生産するのではなく、受注に合わせ少しず製造する方法を行なっております。
  • 安全面などを考慮し、原材料をあらかじめ末粉加工して保管しておくのではなく、加工しない状態で冷蔵倉庫やサイロ保管し、フードを製造する段階ではじめて加工する方法を行っています。
  • フードを入れる袋は鮮度保持が最良になるよう、空気透過率ゼロ%であるアルミタイプを使用しております。
  • できあがったフードは衛生的な倉庫で管理し、時間をおかずに保冷コンテナで日本へ運んでいます。

先にも書かせていただきましたが、ボッシュフードは化学薬品や防虫剤、腐敗防止剤、酸化防止剤などを原材料の由来段階から一切使用せず作られておりますので、100%完全に虫の発生を抑えることはできません。
そのため、万が一フードに虫がついていた場合は交換させていただきますので、お手数をおかけいたしますがご連絡いただけると幸いです。
※お届け後の保管状況によってはお客様の元で虫の発生が起こる場合がございます。
その場合、交換対象とはなりませんのでフードを保管する際には温度管理や期間などに十分お気を付け下さい。
ボッシュ社では今後も化学薬品や防虫剤、腐敗防止剤、酸化防止剤などを一切使用せず、厳密な生産方法や生産体制・管理を確実に実施していき、わんちゃんの健康に配慮した防虫・防カビ・腐敗・酸化などの方法をとっていくと共に、常に最良の方法を確立し求めていくために進化し続けてまいります。
ご不明な点などがございましたらいつでもお気軽にお問い合わせください。